「これ、読んでみて」

「これ、読んでみて」

中学生のころ、同じクラスにメグちゃんという子がいました。

メグちゃんはアニメにとっても詳しくて、漫画も上手で、まぁ今でいうところの「オタク」だったのですが、私は彼女からよく漫画だの雑誌だのを借りていました。

貴重なお小遣いを、読み捨てる類の本には使いたくなかったのです。

思えばそのころから私はけっこうな「しまり屋」だったのですが、メグちゃんはいつも気持ちよく大事な漫画や雑誌を貸してくれました。

この「本の貸し借り」「CDの貸し借り」「ビデオの貸し借り」というのは、学生時代には頻繁にやっていたものですが、社会人になるとほとんどしなくなりました。

ゆっくり本を読んだり映画を観たりするような時間がなくなってしまったからです。

それに、いつも親しくしている人が自分と同じような趣味の人間だとは限りません。

たまたま自分が読みたいと思っている本やビデオを友達が持っていればいいのですが、私の場合、なぜかあまり友達と趣味が合わず……いえ、別に特殊な趣味というわけではないのですが。

それに、本や雑誌なら図書館でいつでもタダで借りられます。図書館が購入している雑誌の種類は意外と豊富で、予約を入れて少し待てば、希望の本や雑誌を家でゆっくり読むことができるのです。

ビデオだって、ツタヤやゲオに行けばいくらでも好きなものが借りられます。

音楽のジャンルだけは好き嫌いがなかったので、「ダビングさせてね」と言ってCDからテープに録音したりしていました。

ところが最近、我が家の本棚では、他人様から借りた本やDVDがけっこうなスペースを占領しています。

「これ、面白いから読んでみて(観てみて)」

と私に本やDVDを押し付ける(?)友人ができたからです。

彼女はものすごい読書家で、映画もたくさん観ている人です。

話題も豊富なので話していると楽しいですし、当然、私と違ってインテリジェンスです。

ただ、「自分が好きなもの」を他人と共有したいという彼女の欲求の強さに、私はついていけません……。

ただでさえ毎日忙しくて、自分が好きで図書館で借りた本ですら読破するのが危ういのに、彼女は自分が貸した本だのDVDだのの感想を求めてくるので見ないわけにはいきません。

結果、DVDは2倍速で、本は自己流速読術で、思い切り飛ばしながら観たり読んだりするはめになります。

いっそのこと、「迷惑なんだけど……」ということを婉曲に伝えた方がいいのかしら?

あ、迷惑だなんて言えない私だから、こういう困ったことになっちゃってるんですけどね。

セレナ

先祖だと言われている動物。

サルと言えば人間に進化する前の動物だと言われていますが。

今日はテレビで可愛いチビザルが出ていました♪

サルはとても頭の良い動物なので、ほとんど人間のとる行動と変わりません。

以前恋人と一緒に動物園に行った時にサル山を見ていたのですが…。

寝転がってお尻を掻いている姿を見ていると、恋人そっくりだと思ってしまいました。

サルにも色々と種類があるらしく、でかくなるサルとそうで無いサルが居ます。

小さい種類のサルは犬よりも小さい為、本当に可愛いと思います。

最近ではペットとしても人気があるそうですね。

少し前に家の近くにある大きいペットショップでサルが販売されていました。

かなり小さくすばしっこいサルだったのですが、恋人が少し驚かすと『ギャー!!』とでかい声で騒いでいました(--;)

驚かした恋人が悪いとも思いながらも、さすがにこの時だけは「サルは飼えない」と思ってしまいましたね。

マンションなどで飼って居たら苦情が来そうな程の声でした。

何よりも飼えないと思った理由の一つはサルの値段です。

サルは犬よりも小さい為、そんなに高くは無いだろうと思っていました。

しかしそのペットショップで売られていたサルの値段は『35万』とかなり高額でした。

育てる為には更にお金が掛かるらしく、とても飼える物では無いと思いました。

私の知り合いにチビザルを飼っている方が居るのですが…。

飼ってみると可愛いといつも言っていました。

「今度見に来ると良い」と言われていましたが、結局行く機会がありませんでした。

初めて見る人にはどんな反応をするのか見てみたいと思ってしまいましたね。

頭の良い動物だと判っていると、どうしても怖く感じてしまうところがあります。